別所線まるまどりーむ号の運行開始について

 別所線では、昭和61年まで走行し、今も人気の高い丸窓電車を(株)ミマキエンジニアリングの協力のもと現行7200系電車(7253+7553)を使用して再現した「別所線まるまど号」を2004年12月より制作に着手し、翌年1月27日より土日祝日に限定し運行を開始しました。
 車体はカッティングシートによりかつての別所線カラーである紺とクリームのツートンに再現したほか窓枠の一部を同じくシートによりだ円形に再現しています。
 車内も壁を木目調に変更したほか、昭和初期の上田市内の広告を再現した中吊りや昔の駅や以前走行していた電車の写真を掲示するなど楽しんでいただける電車に仕上がりました。

また当初は愛称名をまるまど号としていましたが、一般公募により2005年4月からまるまどリーむ号と変更されました。

(追記)
2005年10月の上田電鉄発足にあわせさらに1編成(7255+7555)増備されました。

まるまど号運行開始記念として発売している記念乗車券です。

まるまどりーむ号の乗車証明書を兼ねた記念乗車券です。
ステッカーもついています。