別所線の駅

ようやく全駅掲載できました。


上田(うえだ)
別所線の起点の駅です。
長野新幹線、しなの鉄道と連絡しています。
98年3月から現在の高架駅となりました。


城下(しろした)
千曲川鉄橋を渡ってすぐのところにあります。
列車交換可能駅です。


三好町(みよしちょう)
住宅地の中にある駅です。
待合室の扉が丸いのが特徴です。


赤坂上(あかさかうえ)
比較的乗降客数の多い駅です。
駅員はいませんが、自動券売機が設置されています。


上田原(うえだはら)
かつて上田原電車区があったところです。
現在跡地はホームセンターになっています。
そのために駅も上田寄りに変更になりました。
ここにも駅員はいませんが、自動券売機が設置されています。
列車交換可能駅です。


寺下(てらした)
名前の通り後ろにお寺があります。


神畑(かばたけ)
別所線の駅の中では比較的新しく建てかえられた駅です。
すぐ近くの県道の踏切にかつて踏切番がいたのを覚えています。現在はその面影がありません。


大学前(だいがくまえ)
以前は下本郷と言っていましたが長野大学、上田女子短大があるためこの駅名になりました。
自然運動公園、上田リサーチパークの最寄り駅でもあります。
そのため乗降客数も多く、ここにも自動券売機が設置されています。


下之郷(しものごう)
現在の電車区がある駅です。
かつての西丸子線はここから分岐していました。
ホームの後が当時を忍ばせます。


中塩田(なかしおだ)
現在は使われていませんがかつては交換可能駅でした。
ここの駅舎は別所温泉とともに昔の上田丸子電鉄の面影を残しています。
駅のはずれにモハ5253が置いてあります。


塩田町(しおだまち)
比較的利用客の多い駅です。


中野(なかの)
最近、待合室が新しくなりました。
架線柱の形状がどう見ても交換駅の形状をしていますがいずれなるのでしょうか。


舞田(まいた)
田んぼの中にある駅で別所線の中で一番乗降客が少ない駅です。
2001年の夏に待合室が新しくなりました。
私の実家の最寄り駅です。


八木沢(やぎさわ)
待合室がいい雰囲気を出しています。
TV-CMで使われていました。(地元だけの放送か?)


別所温泉(べっしょおんせん)
言わずとしれた別所温泉の玄関口です。
現在は別所温泉観光協会により窓口業務が委託されています。
ホームの端にはモハ5251,5252が置いてあります。