別所線TOPIX
2003年のTOPIXです。
上のものほど情報は新しくなります。

過去ののTOPIX
2002年
2001年


●終夜運転実施
別所温泉北向観音への2年詣りへの足として別所線で終夜運転が実施されます。
また31日23時より別所温泉駅構内にて毎年恒例の先着1000名様まで無料でとん汁・たる酒のサービスがあります。
終夜運転の臨時列車時刻は以下の通りです。

上り
別所温泉 23:33 00:24 01:19 02:07 02:57
八木沢 23:36 00:27 01:22 02:10 03:00
舞田 23:38 00:29 01:24 02:12 03:02
中野 23:39 00:30 01:25 02:13 03:03
塩田町 23:41 00:32 01:27 02:15 03:05
中塩田 23:43 00:34 01:29 02:17 03:07
下之郷 23:46 00:37 01:32 02:20 03:10
大学前 23:48 00:38 01:33 02:21 03:12
神畑 23:49 00:40 01:35 02:23 03:13
寺下 23:51 00:42 01:37 02:25 03:15
上田原 23:54 00:45 01:40 02:28 03:18
赤坂上 23:55 00:46 01:41 02:29 03:19
三好町 23:57 00:48 01:43 02:31 03:21
城下 23:59 00:50 01:45 02:33 03:23
上田 00:01 00:52 01:47 02:35 03:25

下り
上田 23:45 00:20 01:15 02:03 02:53
城下 23:47 00:22 01:17 02:05 02:55
三好町 23:49 00:24 01:19 02:07 02:57
赤坂上 23:51 00:25 01:20 02:08 02:58
上田原 23:53 00:27 01:22 02:10 03:00
寺下 23:56 00:30 01:25 02:13 03:03
神畑 23:57 00:31 01:26 02:14 03:04
大学前 23:59 00:33 01:28 02:16 03:06
下之郷 00:01 00:36 01:31 02:19 03:09
中塩田 00:04 00:39 01:34 02:22 03:12
塩田町 00:06 00:41 01:36 02:24 03:14
中野 00:08 00:42 01:37 02:25 03:16
舞田 00:10 00:44 01:39 02:27 03:18
八木沢 00:11 00:46 01:41 02:29 03:19
別所温泉 00:15 00:50 01:45 02:33 03:23

表に掲載の時刻は臨時列車のみです。これ以外は通常ダイヤでの運行になります。
ただし通常ダイヤの上田発23:41下之郷行きは発車時刻を4分繰り下げ別所温泉までの延長運転となります。
大学前駅のパークアンドライドを利用して是非別所線の利用をお願いします。


●大学前駅が朝日新聞長野版で連載中のしなの途中下車12/02付に掲載されました。

「青春の駅」復活へ学生自ら知恵絞る

<<上田交通別所線 大学前駅>>

 近くに上田女子短期大学と長野大学を抱えている。駅の東側は、「ここから先は電車をご利用下さい」と、上田交通が一昨年、車で市街地へ向かう人のために設けたパーク・アンド・ライドの駐車場。西側は学生の街の雰囲気を感じるアパートやマンションが並ぶ。古い本には、学生で混雑する駅が「青春の駅」と写真入りで紹介されている。だが、その面影は今はない。

 別所線はいま、利用客の減少と、安全対策としての多額の設備投資が必要で存続問題に揺れている。学生や教職員など約300人が大学前駅を利用する長野大学は今年6月、上田交通に存続要望書を提出し先月、学内に「交通問題検討委員会」(仮称)を設置した。

 同大学の今年4月の通学アンケートでは、自動車が42・8%、電車・バスは17・7%だった。委員会は、学生代表3人を含む委員11人で構成。電車通学を増やして、駐車場の拡張問題を解決したい考えだ。

 地域に積極的にかかわっていこうと活動する同大学の学生グループ「学生地域くらし創り考房 こみっと」も、別所線の存続問題に取り組む予定だ。竹内充代表は「車もまばらなパーク・アンド・ライドの駐車場の具体的な活用方法や、車内ガイドなど、電車の利用促進対策に知恵を絞りたい」。

 「学生さんとタイアップし、そのアイデアで利用促進を」と上田交通の杉浦勲鉄道部長は歓迎している。「なつかしの上田丸子電鉄」(銀河書房、87年刊)に紹介されているような、学生が列をなした「青春の駅」の風景がよみがえるか。

《メモ》1921(大正10)年開業当時は「下本郷」駅だった。66年に本州大学(長野大学の前身)が出来て「本州大学前」に、74年に長野大学となって現在の名称に。年間の乗降客数は、同線で3番目に多い。


●旅と鉄道誌に別所線記事掲載

現在発売中の鉄道ジャーナル社季刊誌「旅と鉄道」2004年冬増刊号に別所線の特集記事が掲載されています。
別所線沿線の名所や味覚などの情報が満載です。
ぜひご覧ください。



旅と鉄道No.146
鉄道ジャーナル社発行
定価980円


●鉄道の日イベントのお知らせ

◇丸窓資料館の無料開放(別所温泉駅構内)
と き:平成15年10月11日(土)〜13日(月祝)
ところ:別所温泉駅構内
イベント:
・丸窓電車内に「昔の鉄道用品」「写真」などを展示
・7200系実物コントローラーによるNゲージ体験運転会
・記念乗車券の発売
・鉄道グッズの販売


◇「鉄道の日」ヘッドマーク装着列車の運行

運行期間:10月11日〜10月20日


●7月1日から別所線の『塩田町駅』と『別所温泉駅』に無料レンタサイクルが設置されました。

塩田平の観光等にご利用ください。
自転車は各駅前の駐輪場に置いてあります。
塩田町駅は『ゑびすや』、別所温泉駅は『別所観光協会窓口』に直接お申込みください。


●7200系電車運行開始10周年記念乗車券の発売

7200系電車が平成15年5月28日で運行開始10年を迎えます。これを記念した記念乗車券が発売されます。
発売日   5月1日より
価格     600円(ポストカード付き)
発売箇所  別所線各有人駅(上田、下之郷、別所温泉)
        郵送による申し込みも出来ます。

きっぷの内容
上田〜神畑 小人乗車券
神畑〜舞田 小人乗車券
舞田〜別所温泉 大人乗車券
別所温泉駅 入場券(大人)
(乗車券はJBR水色地紋、入場券は白色無地すべてA型硬券です)
ポストカード3枚


●ゴールデンウィーク中のイベント

5/5こどもの日は別所線電車全線小学生以下の運賃無料になります。
別所温泉駅構内の丸窓資料館が10時から16時の間解放(5/3〜5/5)


●電車とバスの共通乗車券の発売

別所線電車と信州の鎌倉シャトルバスが共通で利用できる乗車券を4/27〜5/5の間発売します。


●入浴券付き乗車券の発売

別所線往復運賃と別所温泉外湯(大湯、大師湯、石湯)の入浴料、お買い物サービス券がセットになった乗車券が今年も発売されます。
4/27〜5/31の期間限定です。


●キャンパス電車運転

 4/16〜5/5の期間、沿線の小学校6校の絵画を車内展示しています。


●舞田駅が朝日新聞長野版で連載中のしなの途中下車4/8付に掲載されました。
 
長野県内のJR、私鉄の駅を紹介しているこのコーナーで別所線の駅としては昨年の別所温泉駅に続き2回目の掲載です。

 −以下本文−

 田んぼの中ぽつり


 上田交通別所線・舞田駅 上田市

 上田市南西部の塩田平を散策するため上田駅から上田交通別所線で約20分の舞田駅に向かった。険しい岩壁と、とんがった峰が連なる独鈷(とっこ)山(1266メートル)を背景に、田んぼの中にぽつんとある無人駅。のどかな光景は、映画やテレビドラマの舞台ともなっている。

 幅2メートルほどのホームに新しい小さな待合室がある。上田交通によると、待合室は強風で倒れ、昨年新築された。味わいが薄れたという人もいる。人影のないひっそりした駅だが、温かい土の香りが感じられ、ほっとする。

 駅を後に、独鈷山に向かう。20分ほどで着いた集落の外れの古墳で、子どもと遊んでいた会社員の福田弘茂さん(43)に舞田駅について聞いた。「距離的には近いが、この辺の人は隣のまちなかにある塩田町駅を使いますね」。素っ気ない返事が返ってきた。

 さらに、瓦屋根の上に小さな瓦屋根が載った養蚕農家の名残をとどめる集落を抜けて、約1時間。独鈷山のふもとに着いた。一帯は、鎌倉時代から室町時代にかけてのお寺や寺院が並び、「信州の鎌倉」と呼ばれる文化財の宝庫だ。

 国指定重文の三重塔を巡り、塩田平を一望にできる前山寺の隣の信濃デッサン館の喫茶室で休憩する。館主の窪島誠一郎さん(61)は、舞田駅のファン。「刈り入れ後のわら小積に囲まれた駅の光景が好き」という。

 帰りは、田んぼの中の小道を歩いた。約4時間のウオーキングだった。市観光課は、このあたりのウオーキングマップをつくり別所線を利用したウオーカーの誘致に力を入れている。

 《メモ》1921(大正10)年、別所線の開通と同時に開業。昨年6月の調査では、1日平均の乗降客数は65人。通勤、通学の利用が主で、別所線の15駅の中で一番少ない。別所温泉駅や隣の八木沢駅と合わせて、田舎の古い駅の面影をとどめ人気がある。